メニューを開く 検索 ログイン

コロナの川崎病様症状、本家との違いを解説

2020年12月21日 16:30

17名の医師が参考になったと回答 

 今年(2020年)初頭に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック拡大に伴い、英国で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染後に川崎病様症状を呈する小児多臓器系炎症症候群(PIMS-TS)が増加し始めた。英・Imperial College LondonのMichael Levin氏は「PIMS-TSはSARS-CoV-2感染の1~5週間後に、発熱・炎症、心筋炎、川崎病様症状、ショック・多臓器不全など幅広い症状を呈し、川崎病とは検査値の特徴が異なる」と第40回日本川崎病学会(10月30~31日、ウェブ開催)で報告。未解明な至適治療法や発症機序について国際的研究が進行中だと述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  小児 »  コロナの川崎病様症状、本家との違いを解説