メニューを開く 検索を開く ログイン

レムデシビルがコロナ中等症に適応拡大も

ギリアド日本法人、WHOの非推奨に見解

 2020年12月21日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 ギリアド・サイエンシズ日本法人は12月17日にオンラインで記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬レムデシビルの有用性を最大化するための取り組みを説明した。同社常務執行役員開発本部長の表雅之氏は会見で、同薬が国内で特例承認を取得している「重症例」に加えて、「中等症例」への適応拡大に向けて医薬品医療機器総合機構(PMDA)と現在協議中で、年内にも添付文書の改訂が期待できるとの見方を提示。「適応拡大により重症化する前の早い段階から治療できることで早期回復、重症化の抑制に寄与できる」と期待感を示した。同社は米国で同薬について軽症者を対象に吸入薬の第Ⅱ相試験を開始しており、近い将来、同薬でCOVID-19の軽症から重症患者までカバーを目指す考えを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  レムデシビルがコロナ中等症に適応拡大も