メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

米・ポナチニブ、抵抗性/不耐性の慢性期の慢性骨髄性白血病へ適応拡大承認

2020年12月21日 14:02

 武田薬品工業は本日(12月21日)、BCL/ABL阻害薬ポナチニブについて、米食品医薬品局(FDA)より、少なくとも2種類以上のチロシンキナーゼ阻害薬による前治療に抵抗性または不耐性を示す慢性期の慢性骨髄性白血病(CML)成人患者への用法と適応が拡大承認されたことを発表した。改訂後の添付文書には、慢性期のCML患者に対して1日45mgから投与を開始し、BCR-ABL1IS 1%以下を達成した時点で15mgに減量する、最適化されたアイクルシグの奏効に基づく投与量調整レジメンが追記されるという。

 今回の承認取得は、臨床第Ⅱ相試験OPTICのデータと臨床第Ⅱ相試験PACEの5年間のデータに基づいたもの。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  米・ポナチニブ、抵抗性/不耐性の慢性期の慢性骨髄性白血病へ適応拡大承認

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD534164 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外