メニューを開く 検索を開く ログイン

てんかんと睡眠関連疾患の鑑別法を概説

 2020年12月22日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 てんかん発作の発現には概日リズムが影響を及ぼしているが、てんかん患者の10%以上は睡眠中や覚醒直後に発作が起こる「睡眠関連てんかん」とされる(Epilepsy Res 2014; 108: 953-962)。一方で、ナルコレプシー1型など、発作だけで見ると睡眠関連てんかんと混同されやすい睡眠関連疾患もある。関西電力医学研究所睡眠医学研究部客員研究員の茶谷裕氏は、第50回日本臨床神経生理学会(11月26~28日、ウェブ併催)で睡眠関連てんかんおよび、睡眠関連疾患の特性について概説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  てんかんと睡眠関連疾患の鑑別法を概説