メニューを開く 検索を開く ログイン

クローン病の再手術に肛門病変の有無が影響

 2020年12月22日 05:15
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 クローン病(CD)は消化管に慢性的な炎症を来す難治性の疾患で、手術を要する場合が多く、さらに再手術が必要になるケースも少なくない。兵庫医科大学消化器外科学講座炎症性腸疾患外科主任教授の池内浩基氏らは、国内でCD患者に生物学的製剤が積極的に使われるようになった2000年以降に初回手術を行ったCD患者の経過について検討。「再手術に影響を与える因子は、術前の肛門病変の有無と複雑な手術であった」と第28回日本消化器関連学会週間(JDDW 2020、11月5〜8日、ウェブ併催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  クローン病の再手術に肛門病変の有無が影響