メニューを開く 検索 ログイン

クローン病の再手術に肛門病変の有無が影響

2020年12月22日 05:15

4名の医師が参考になったと回答 

 クローン病(CD)は消化管に慢性的な炎症を来す難治性の疾患で、手術を要する場合が多く、さらに再手術が必要になるケースも少なくない。兵庫医科大学消化器外科学講座炎症性腸疾患外科主任教授の池内浩基氏らは、国内でCD患者に生物学的製剤が積極的に使われるようになった2000年以降に初回手術を行ったCD患者の経過について検討。「再手術に影響を与える因子は、術前の肛門病変の有無と複雑な手術であった」と第28回日本消化器関連学会週間(JDDW 2020、11月5〜8日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  クローン病の再手術に肛門病変の有無が影響

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで