メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

非ホジキンリンパ腫へのCAR-T療法が有望

第Ⅱ相ZUMA-5:再発・難治性iNHLに対するアキシカブタジンシロルーセル

 2020年12月23日 05:00
プッシュ通知を受取る

 アキシカブタジンシロルーセル(商品名イエスカルタ点滴静注)は、CD19を標的とするキメラ抗原受容体発現T(CAR-T)細胞療法薬 であり、2ライン以上の全身療法を受けた大細胞型B細胞リンパ腫患者において、米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得している。米・Dana Faber Cancer InstituteのCaron Jacobson氏は、再発・難治性インドレント(低悪性度)非ホジキンリンパ腫(iNHL)を対象にアキシカブタジンシロルーセルによるCAR-T細胞療法の有効性と安全性を検証した多施設共同単群第Ⅱ相試験ZUMA-5の結果から、有望な成績が示されたことを第62回米国血液学会(ASH 2020、12月5~8日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  非ホジキンリンパ腫へのCAR-T療法が有望