メニューを開く 検索 ログイン

睡眠障害改善で心不全の予後が良好に

2020年12月23日 05:15

2名の医師が参考になったと回答 

 心不全患者は多様な睡眠障害を呈する。福島県立医科大学循環器内科学講座教授の義久精臣氏らは、心不全患者の睡眠障害について検討し、「睡眠障害は心不全の予後不良因子であり、睡眠障害を改善することで、認知症、サルコペニア、転倒リスクを減らし、運動耐容能や心不全予後を改善する可能性があるため、心不全患者では睡眠障害を発見して対処する必要がある」と第24回日本心不全学会(10月15~17日、ウェブ開催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  睡眠障害改善で心不全の予後が良好に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD534092 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外