メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  睡眠障害改善で心不全の予後が良好に

睡眠障害改善で心不全の予後が良好に

2020年12月23日 05:15

2名の医師が参考になったと回答 

 心不全患者は多様な睡眠障害を呈する。福島県立医科大学循環器内科学講座教授の義久精臣氏らは、心不全患者の睡眠障害について検討し、「睡眠障害は心不全の予後不良因子であり、睡眠障害を改善することで、認知症、サルコペニア、転倒リスクを減らし、運動耐容能や心不全予後を改善する可能性があるため、心不全患者では睡眠障害を発見して対処する必要がある」と第24回日本心不全学会(10月15~17日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  睡眠障害改善で心不全の予後が良好に