メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

TNBCへのAKT阻害薬ipatasertibでPFS延長せず

第Ⅲ相ランダム化比較試験IPATunity130

 2020年12月23日 17:13
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 第Ⅲ相ランダム化比較試験IPATunity130ではPI3KCA/AKT1/PTEN変異を有する切除不能な局所的進行性または転移性乳がんを対象に、一次治療におけるパクリタキセルへのAKT阻害薬ipatasertib上乗せの有効性および安全性を検討している。第43回サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS 2020、12月8〜11日、ウェブ開催)ではトリプルネガティブ乳がん(TNBC)を対象としたコホートAの結果が示され、プラセボと比べて無増悪生存期間(PFS)を延長しないことがシンガポール・National Cancer CenterのRebecca Dent氏らにより報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  TNBCへのAKT阻害薬ipatasertibでPFS延長せず