メニューを開く 検索を開く ログイン

イヌと飼い主は2型糖尿病のリスクを共有!

糖尿病イヌの飼い主は糖尿病のリスクが1.3倍

 2020年12月23日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 スウェーデン・Uppsala UniversityのRachel A. Delicano氏らは、約21万組のイヌと飼い主、約12万組のネコと飼い主を約6年間追跡したコホート研究の結果、イヌが2型糖尿病である飼い主の2型糖尿病発症リスクは3割以上高かったと、BMJ2020; 371: m4337)に報告した。同様の関連は、ネコと飼い主のペアでは認められなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  イヌと飼い主は2型糖尿病のリスクを共有!