メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

前立腺がんPSMA-PETの医師主導治験が金沢大学で実施

 2020年12月23日 11:51
プッシュ通知を受取る

 豪・Telix Pharmaceuticalsの子会社であるテリックスファーマジャパンは12月14日、前立腺がん画像診断薬「68Ga-PSMA-11」の日本における第Ⅰ相臨床試験(医師主導治験)を金沢大学とともに実施すると発表した。

 68Ga-PSMA-11は、前立腺がんの細胞表面に発現する前立腺特異的膜抗原(PSMA)を分子標的として、従来診断法よりも高い診断能が期待されるPET画像診断薬。前立腺がんにイメージングの新たな標準治療として有用性が期待されており、欧米では既に複数のガイドラインで推奨されている。68Ga-PSMA-11については、欧米では既に申請中の段階であり、わが国では同試験が初の治験になるという(関連記事「米・前立腺がん診断にPSMA-PETが初承認」「【解説】PSMA-PET/CTは従来の画像診断よりも有用」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  前立腺がんPSMA-PETの医師主導治験が金沢大学で実施