メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

HBVワクチン、わずか3年で抗体陽性児減少

 2020年12月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

 日本におけるB型肝炎ウイルス(HBV)ワクチンは、1986年に母子感染予防目的での接種が開始され、HBVキャリアの減少に大きく貢献した。その後、厚生労働省肝炎等克服政策研究事業須磨崎班の多施設共同疫学調査により小児における水平感染の存在が証明され、2016年から定期接種化された。しかし、定期接種化後の状況についてはまだ検証されていない。日本大学小児科学分野の岡橋彩氏、主任教授の森岡一朗氏らがHBワクチンの定期接種を受けた1〜3歳児を対象に水平感染予防効果とHBs抗体陽性率を検証する多施設共同疫学研究を実施したところ、水平感染は抑制されている一方、接種後3年以内にもかかわらずHBs抗体陽性率が経年的に低下していたと第24回日本ワクチン学会(12月19〜20日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  HBVワクチン、わずか3年で抗体陽性児減少