メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  HBVワクチン、わずか3年で抗体陽性児減少

HBVワクチン、わずか3年で抗体陽性児減少

2020年12月24日 05:00

29名の医師が参考になったと回答 

 日本におけるB型肝炎ウイルス(HBV)ワクチンは、1986年に母子感染予防目的での接種が開始され、HBVキャリアの減少に大きく貢献した。その後、厚生労働省肝炎等克服政策研究事業須磨崎班の多施設共同疫学調査により小児における水平感染の存在が証明され、2016年から定期接種化された。しかし、定期接種化後の状況についてはまだ検証されていない。日本大学小児科学分野の岡橋彩氏、主任教授の森岡一朗氏らがHBワクチンの定期接種を受けた1〜3歳児を対象に水平感染予防効果とHBs抗体陽性率を検証する多施設共同疫学研究を実施したところ、水平感染は抑制されている一方、接種後3年以内にもかかわらずHBs抗体陽性率が経年的に低下していたと第24回日本ワクチン学会(12月19〜20日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  HBVワクチン、わずか3年で抗体陽性児減少