メニューを開く 検索を開く ログイン

朝・夕の欠食で女性の蛋白尿リスク上昇

後ろ向きコホート研究

 2020年12月24日 05:15
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ※画像はイメージです

 多忙な生活を送っていると、つい食事をおろそかにしてしまうという人もいるだろう。大阪大学健康増進医学身体健康制御医学准教授の山本陵平氏、腎臓内科学教授の猪阪善隆氏らは、食事の摂取頻度が健康に及ぼす影響を検討する後ろ向きコホート研究を実施。その結果、朝食や夕食を抜く女性は、毎日取る女性に比べ蛋白尿の出現リスクが高いことが明らかになったと、Nutrients2020; 12: 3549)に発表した。(関連記事「デスクワークで男性の蛋白尿リスク増」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  朝・夕の欠食で女性の蛋白尿リスク上昇