メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

コロナ軽・中等症でも抗凝固療法を視野に

厚労省研究班などが新提言

 2020年12月24日 16:24
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省の血液凝固異常症等に関する研究班、日本血栓止血学会、日本動脈硬化学会は合同で行った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連血栓症に関するアンケートの結果を昨日(12月23日)開催したウェブセミナーで説明するとともに、重症例だけでなく軽・中等症例でも必要に応じて抗凝固療法の実施を推奨するなど新たな提言を発表した。アンケートでは重症例の血栓症リスクは軽・中等症例の22倍に上り、血栓症合併例の76%超は抗凝固療法を実施されていなかったことが明らかとなった。(関連記事「コロナの回復期でも血栓症、油断せず予防を」)。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  コロナ軽・中等症でも抗凝固療法を視野に