メニューを開く 検索を開く ログイン

間質性肺炎、抗線維化薬で予後改善

 2020年12月25日 10:45
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 間質性肺炎(IP、間質性肺疾患:ILD)は、病理組織学的に肺胞間質(肺胞壁)または細気管支周辺間質に炎症の主座がある疾患群の総称で、200以上の疾患が含まれる。ILDの中でも指定難病の特発性間質性肺炎(IIPs)が基礎および臨床研究の中心の1つである。IIPsのうち特発性肺線維症(IPF)について、徳島大学大学院呼吸器・膠原病内科学分野教授の西岡安彦氏が解説した。IPFは予後不良だが、抗線維化薬投与により大幅な予後改善が見込まれるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  間質性肺炎、抗線維化薬で予後改善