メニューを開く 検索 ログイン

脆弱X症候群の新分子機序を解明

2020年12月25日 10:51

3名の医師が参考になったと回答 

 指定難病である脆弱X症候群(FXS)は、発症頻度が比較的高い遺伝性の精神発達障害で、精神遅滞や自閉症様症状を示す(図1)。東北大学大学院発生発達神経科学分野教授の大隅典子氏らの研究グループは、FXS発症の新たな分子機序を解明したとMol Brain(2020; 13: 167)に発表。「胎児期の脳の発達に関与する複数の分子を同定した。それらの分子の異常がFXS発症にする可能性がある」としている。(関連記事「難病の『脆弱X症候群』、臨床研究が本格化」

図1. 脆弱X症候群の特徴

fragile X syndrome1.png

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  脆弱X症候群の新分子機序を解明

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで