メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  喘息診療の4つの未解決課題

喘息診療の4つの未解決課題

慢性咳嗽、軽症喘息の治療や吸入療法などをめぐって

2020年12月25日 18:46

19名の医師が参考になったと回答 

 『喘息予防・管理ガイドライン』に基づく標準的薬物療法が普及したことで、多くの喘息患者では症状が良好にコントロールできるようになったが、依然診療に苦慮するケースもある。福井大学内科学(3)分野教授の石塚全氏は、治療効果が乏しい慢性咳嗽患者や軽症喘息患者に対する治療法の取り扱いなど、喘息診療における4つの未解決課題について第60回日本呼吸器学会(9月20~22日、ウェブ開催)で解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  喘息診療の4つの未解決課題