メニューを開く 検索を開く ログイン

百日咳定期接種の予防効果、学童期には消失

 2020年12月25日 18:44
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 日本における百日咳ワクチンは、生後3、4、5カ月に初回接種として3回、生後18〜23カ月に追加接種として1回の計4回の定期接種が行われている。一方、百日咳サーベイランスによると6〜12歳の発症者が多く見られる。大阪市立大学大学院公衆衛生学准教授の大藤さとこ氏は、現行の百日咳ワクチン定期接種プログラムの有効性を評価するため、国内15施設と共同して症例対照研究を実施。学童期の小児ではワクチンによる予防効果は消失しており、このことが学童期の百日咳増加に関与していると第24回日本ワクチン学会(12月19〜20日、ウェブ開催)で報告した。なお、詳細はVaccine 2021; 39: 11-17に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  百日咳定期接種の予防効果、学童期には消失