メニューを開く 検索 ログイン

低リン血症性くる病/骨軟化症の実態

2020年12月25日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

 低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症患者では、加齢に伴い症状の種類が増加することが、日本骨代謝学会評議員を対象とした同学会の調査で明らかになった。大阪大学大学院小児科学講師の窪田拓生氏は結果を踏まえ、患者の長期フォローが重要であると、第38回同学会(10月9日~11月30日、ウェブ開催)で指摘した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  低リン血症性くる病/骨軟化症の実態

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで