メニューを開く 検索を開く ログイン

低リン血症性くる病/骨軟化症の実態

 2020年12月25日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病/骨軟化症患者では、加齢に伴い症状の種類が増加することが、日本骨代謝学会評議員を対象とした同学会の調査で明らかになった。大阪大学大学院小児科学講師の窪田拓生氏は結果を踏まえ、患者の長期フォローが重要であると、第38回同学会(10月9日~11月30日、ウェブ開催)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  低リン血症性くる病/骨軟化症の実態