メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

アテゾリズマブ単剤、未治療PD-L1陽性進行NSCLCへ適応拡大

 2020年12月25日 18:55
プッシュ通知を受取る

 中外製薬は本日(12月25日)、抗PD-L1抗体アテゾリズマブ単剤療法が、化学療法未治療でPD-L1陽性の切除不能進行・再発非小細胞肺がん(NSCLC)に対する用法・用量の追加の承認を取得したことを発表した。未治療の進行NSCLCに対するアテゾリズマブについては、すでに3つの化学療法(①カルボプラチン+パクリタキセル+ベバシズマブ②カルボプラチン/シスプラチン+ペメトレキセド③カルボプラチン++nab-パクリタキセル)との併用療法が承認されているが、今回は4つ目となる新たな治療法であり、単剤としては初の治療法である。

 PD-L1発現状況の確認は、ロシュ・ダイアグノスティックスの病理検査用キット「ベンタナ OptiView PD-L1(SP142)」によって行う。ベンタナ OptiView PD-L1(SP142)は、アテゾリズマブのPD-L1陽性のNSCLCの適応判定を補助するコンパニオン診断薬として、2020年12月15日に適応拡大の承認を取得している。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  アテゾリズマブ単剤、未治療PD-L1陽性進行NSCLCへ適応拡大