メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

4価HPVワクチン、男性への接種対象拡大と肛門がん予防適応の追加を取得

 2020年12月25日 18:38
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 MSDは本日(12月25日)、ヒトパピローマウイルス(HPV)の4つの型に対応した4価HPVワクチン「組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン」について、以下の内容に関する製造販売承認事項一部変更承認を取得したことを発表した。

・ヒトパピローマウイルス6、11、16および18型の感染に起因する肛門がん(扁平上皮がん)およびびその前駆病変〔肛門上皮内腫瘍(AIN)1、2および3〕ならびに男性での尖圭コンジローマの予防適応の追加

・9歳以上の男性への接種対象拡大

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  4価HPVワクチン、男性への接種対象拡大と肛門がん予防適応の追加を取得