メニューを開く 検索 ログイン

世界の心血管疾患が30年間で倍増

世界疾病負担研究(GBD)2019

2020年12月27日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

 米・University of Washington School of MedicineのGregory A. Roth氏らは、世界疾病負担研究(GBD)2019のデータを用いて1990~2019年の世界における心血管疾患(CVD)の発生動向を解析した。この30年間で世界のCVD患者数(prevalent cases)は2億7,100万例から5億2,300万例にほぼ倍増し、2019年にはCVD死が世界の死亡全体の約3分の1を占めたとJ Am Coll Cardiol2020年12月3日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  世界の心血管疾患が30年間で倍増

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD534118 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外