メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の心血管疾患が30年間で倍増

世界疾病負担研究(GBD)2019

 2020年12月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米・University of Washington School of MedicineのGregory A. Roth氏らは、世界疾病負担研究(GBD)2019のデータを用いて1990~2019年の世界における心血管疾患(CVD)の発生動向を解析した。この30年間で世界のCVD患者数(prevalent cases)は2億7,100万例から5億2,300万例にほぼ倍増し、2019年にはCVD死が世界の死亡全体の約3分の1を占めたとJ Am Coll Cardiol2020年12月3日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  世界の心血管疾患が30年間で倍増