メニューを開く 検索を開く ログイン

ICU治療患者と家族へのサポートは?

日本版敗血症診療GL2020の新領域「Patient-and-Family-Centered Care」

 2020年12月28日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 敗血症治療においては、集中治療室(ICU)入室中または退室後に患者の身体機能・認知機能・精神に障害が生じる集中治療後症候群(post intensive care syndrome;PICS)や、家族に同様の症状が現れるPICS-F(post intensive care syndrome-family)の予防・改善が重要な課題となっている。藤田医科大学麻酔・侵襲制御医学講座主任教授の西田修氏(日本集中治療医学会理事長)は第48回日本救急医学会(11月18~20日、ウェブ併催)で、『日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)』(日本集中治療医学会・日本救急医学会作成)に追加された新領域「Patient-and-Family-Centered Care」を紹介。ICUで治療を受ける患者および家族に対し、医療従事者が行うべきサポートについて解説した(関連記事「『日本版敗血症診療GL』改訂案を公表」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  ICU治療患者と家族へのサポートは?