メニューを開く 検索 ログイン

薬剤被覆デバイスが末梢動脈疾患死に関与?

パクリタキセル被覆バルーン・ステントの大規模RCT

2020年12月28日 05:15

3名の医師が参考になったと回答 

 パクリタキセル被覆バルーンおよびステントを用いた末梢動脈疾患(PAD)の治療をめぐっては、非被覆デバイスによる治療と比べ長期死亡率の上昇が認められたとするランダム化比較試験(RCT)のメタ解析結果が報告され(J Am Heart Assoc 2018; 7: e011245)、安全性に懸念が生じている。このほどスウェーデン・University of GothenburgのJoakim Nordanstig氏らは、同国のPAD患者2,000例超を対象に多施設非盲検RCT(SWEDEPAD試験)で検討した結果をN Engl J Med2020年12月9日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  薬剤被覆デバイスが末梢動脈疾患死に関与?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD534188 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外