メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナワクチンに学会が提言

 2020年12月29日 13:56
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 日本感染症学会ワクチン委員会は来年(2021年)、日本での接種開始が想定されている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンについて、接種の参考として現時点での有効性と安全性に関する報告を「COVID-19ワクチンに関する提言(第1版)」(以下、提言)にまとめ、昨日(12月28日)同学会の公式サイトで公表した。予防接種法の改正によりワクチン接種の努力義務を課せられることから、提言は同学会の会員に加えて国民を対象に策定された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナワクチンに学会が提言