メニューを開く 検索を開く ログイン

音声認識アプリが難聴者のケアに寄与

発話明瞭度の評価や構音訓練に活用

 2020年12月30日 10:38
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 スマートフォンなどで使用するさまざまなアプリケーション(アプリ)の中には、日常診療に活用できるツールも存在する。九州大学耳鼻咽喉科講師の松本希氏は、音声認識アプリを用いて人工内耳を装用している難聴患者の聴取環境や構音障害患者の発話明瞭度の評価、構音訓練などを適切に実施できるとし、その実例を第121回日本耳鼻咽喉科学会(10月6~26日、ウェブ併催)で訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  耳鼻咽喉 »  音声認識アプリが難聴者のケアに寄与