メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・SCLCに対するニボルマブの迅速承認を撤回

CheckMate-451およびCheckMate-331の結果を受けて

 2021年01月04日 11:58
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 米・ブリストル マイヤーズ スクイブは、米食品医薬品局(FDA)により迅速承認されていた小細胞肺がん(SCLC)に対するニボルマブについて、FDAと協議の上、撤回することを2020年12月29日付で発表した。SCLCに対するニボルマブの迅速承認は、第Ⅰ/Ⅱ相試験のCheckMate-032の結果に基づいて行われていたが、その後に結果が公表されたCheckMate-451およびCheckMate-331において、主要評価項目(全生存期間)をいずれも達成しなかったことから今回の決定が下された。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・SCLCに対するニボルマブの迅速承認を撤回