メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

男性の4価HPVワクチン接種を婦人科腫瘍学会が推奨

 2021年01月04日 16:44
プッシュ通知を受取る

 日本婦人科腫瘍学会は12月29日、昨年(2020年)12月25日にヒトパピローマウイルス(HPV)6、11、16、18型の感染に起因する肛門がん(扁平上皮がん)とその前駆病変〔肛門上皮内腫瘍(AIN)1、2、3〕、尖圭コンジローマの予防に関する4価HPVワクチン(商品名ガーダシル)の適応拡大および9歳以上の男性への接種対象拡大を受け、接種希望男性(有効性を示した第Ⅲ相試験では26歳までが対象年齢)には接種を推奨するよう公式サイト上で告知した(関連記事「4価HPVワクチン、男性への接種対象拡大と肛門がん予防適応の追加を取得」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  男性の4価HPVワクチン接種を婦人科腫瘍学会が推奨