メニューを開く 検索を開く ログイン

グローバルレベルの感染症コントロール

世界ポリオ根絶計画

 2021年01月05日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 世界保健機関(WHO)は1988年に世界ポリオ根絶計画を開始し、野生株ポリオウイルス(WPV)は根絶間近となったが、新たに発生したワクチン由来ポリオウイルス(VDPV)の伝播が続いている。国立感染症研究所名誉所員の宮村達男氏は、世界ポリオ根絶計画の歩みと今後の展望について、コロナ禍による影響も交えて第61回日本臨床ウイルス学会(2020年10月2〜31日、ウェブ開催)で解説した。VDPV抑制のための新たなワクチン開発も進められているという。(関連記事「ポリオ根絶に立ちはだかる新たな課題」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  グローバルレベルの感染症コントロール