メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ対策により認知症の症状が悪化

 2021年01月05日 05:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行拡大に伴う生活上の制限が、認知症患者の療養活動に深刻な影響を及ぼしている。日本認知症学会社会対応委員会COVID-19対応ワーキングチームが全国の同学会専門医を対象に実施した緊急アンケートによると、認知症専門医の4割が、COVID-19の流行拡大後、認知症患者に症状の悪化が認められたと回答した。この調査結果について、同ワーキングチーム/東京大学病院早期・探索開発推進室の新美芳樹氏が、第39回日本認知症学会(2020年11月26〜28日、ウェブ併催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  コロナ対策により認知症の症状が悪化