メニューを開く 検索を開く ログイン

糖尿病「発症」「増悪」で膵がんを早期診断

 2021年01月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 膵管腺がん(PDAC)は致死率が高いが、無症状のうちに診断された場合は比較的予後が良好である。東北大学大学院消化器病態学分野教授の正宗淳氏らは「糖尿病の新規発症や増悪に注目することでPDACの早期診断、治療につながる」とTohoku J Exp Med(2020; 252: 353-364)に報告した。糖尿病を契機に診断された症例のPDAC診断後の生存期間は、症状により診断された症例の2倍以上であったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  糖尿病「発症」「増悪」で膵がんを早期診断