メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  甲状腺粘液水腫性昏睡の治療薬がついに登場

甲状腺粘液水腫性昏睡の治療薬がついに登場

2021年01月06日 05:15

14名の医師が参考になったと回答 

 甲状腺機能低下症が基礎にあり、重度かつ長期にわたる甲状腺ホルモン欠乏などによって起こる粘液水腫性昏睡。日本甲状腺学会は2007年に粘液水腫性昏睡を臨床重要課題に指定し、診断と治療の向上に取り組んできた。昨年(2020年)6月、同症に対する甲状腺ホルモン静注製剤がようやく登場したことを受け、防衛医科大学校総合臨床部教授の田中祐司氏は、医療制度上の留意点などについて、第63回同学会(2020年11月19日~12月15日、ウェブ開催)で指摘した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  甲状腺粘液水腫性昏睡の治療薬がついに登場