メニューを開く 検索を開く ログイン

甲状腺粘液水腫性昏睡の治療薬がついに登場

 2021年01月06日 05:15
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 甲状腺機能低下症が基礎にあり、重度かつ長期にわたる甲状腺ホルモン欠乏などによって起こる粘液水腫性昏睡。日本甲状腺学会は2007年に粘液水腫性昏睡を臨床重要課題に指定し、診断と治療の向上に取り組んできた。昨年(2020年)6月、同症に対する甲状腺ホルモン静注製剤がようやく登場したことを受け、防衛医科大学校総合臨床部教授の田中祐司氏は、医療制度上の留意点などについて、第63回同学会(2020年11月19日~12月15日、ウェブ開催)で指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  甲状腺粘液水腫性昏睡の治療薬がついに登場