メニューを開く 検索 ログイン

高齢心不全の多剤併用はフレイルリスク

多職種による包括的評価が必要

 2021年01月07日 05:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢の心不全患者ではポリファーマシーが多い。鳥取大学循環器・内分泌代謝内科学分野講師の衣笠良治氏は、高齢心不全患者のポリファーマシーの問題と解決方法について第24回日本心不全学会(2020年10月15~17日、ウェブ開催)で解説。「ポリファーマシーは心不全患者のフレイルリスクにつながる可能性がある...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  高齢心不全の多剤併用はフレイルリスク