メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

前立腺がんコンパニオン診断で学会が見解

PARP阻害薬オラパリブ投与時のBRCA遺伝子変異検査

 2021年01月07日 17:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 PARP阻害薬オラパリブ(商品名リムパーザ)は第Ⅲ相試験PROfoundの結果に基づき、昨年(2020年)12月にBRCA変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)への適応拡大が承認された(関連記事「BRCA1/2、ATM変異陽性mCRPCへのオラパリブ」「前立腺がんと膵がんで初のPARP阻害薬が承認」)。オラパリブの適応を判定するコンパニオン診断では、生殖細胞系列の遺伝情報を取り扱う可能性があるため慎重な対応が求められる。日本泌尿器科学会は1月5日、コンパニオン診断実施の際の留意点などについての見解を公式サイトで公表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  前立腺がんコンパニオン診断で学会が見解