メニューを開く 検索を開く ログイン

早期の回復期血漿投与でコロナ重症化が半減

65歳以上の高齢者で効果検証

 2021年01月07日 17:34
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 アルゼンチン・Fundacion INFANTのRomina Libster氏らは、65歳以上で軽症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者160例を対象に、回復期血漿療法の有効性をプラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験(RCT)で検討した結果、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)特異的IgG抗体価の高い回復期血漿を発症後早期に投与することで、重症化リスクが半減したとN Engl J Med2021年1月6日オンライン版)に発表した。なお同試験は、試験地域のCOVID-19患者が大幅に減少して患者登録が不可能になったため、想定サンプルサイズの76%に達した時点で早期終了となった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  早期の回復期血漿投与でコロナ重症化が半減