メニューを開く 検索を開く ログイン

治療完遂で非感染例と同等の生存率も

HIV関連悪性リンパ腫

 2021年01月08日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 HIV関連悪性リンパ腫は、死亡率の高い予後不良なHIV合併症である。北海道大学病院血液内科診療准教授/HIV診療支援センター副センター長の遠藤知之氏らは、同院のHIV関連悪性リンパ腫症例の臨床的特徴、診断・治療上の問題点・対策を検討した結果について第34回日本エイズ学会(2020年11月27日〜12月25日、ウェブ開催)で発表。「HIV関連悪性リンパ腫は悪性度が高いものや感染症合併が多いが、治療の完遂によりHIV非感染者と同等の生存率が得られる可能性がある」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  治療完遂で非感染例と同等の生存率も