メニューを開く 検索 ログイン

治療完遂で非感染例と同等の生存率も

HIV関連悪性リンパ腫

2021年01月08日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 HIV関連悪性リンパ腫は、死亡率の高い予後不良なHIV合併症である。北海道大学病院血液内科診療准教授/HIV診療支援センター副センター長の遠藤知之氏らは、同院のHIV関連悪性リンパ腫症例の臨床的特徴、診断・治療上の問題点・対策を検討した結果について第34回日本エイズ学会(2020年11月27日〜12月25日、ウェブ開催)で発表。「HIV関連悪性リンパ腫は悪性度が高いものや感染症合併が多いが、治療の完遂によりHIV非感染者と同等の生存率が得られる可能性がある」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  治療完遂で非感染例と同等の生存率も