メニューを開く 検索を開く ログイン

スマホ使用時間削減で斜視が改善か?

前向き臨床研究の中間報告

 2021年01月08日 05:05
プッシュ通知を受取る

 浜松医科大学眼科学教室病院教授の佐藤美保氏は第74回日本臨床眼科学会(2020年11月5日~12月6日、ウェブ開催)で、スマートフォンなどデジタルデバイス(DD)の過剰使用との関連が疑われる急性後天共同性内斜視(AACE)に関する前向き臨床研究ACE-DDスタディの中間結果を報告した。2020年10月8日までにAACEを114例登録、DD使用の制限と適正な眼鏡装用を3カ月行ったところ約3割で眼位の改善が見られた。同氏は「可能な限り多くの症例を収集したい」とし、AACEの症例を持つ医療機関に研究への参加を呼び掛けている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »   »  スマホ使用時間削減で斜視が改善か?