メニューを開く 検索を開く ログイン

ACC/AHAが心臓弁膜症GLを改訂

 2021年01月08日 16:43
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米国心臓病学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)は、心臓弁膜症管理ガイドライン(GL)の2020年改訂版をCirculation2020年12月17日オンライン版)とJ Am Coll Cardiol2020年12月17日オンライン版)に発表した。改訂版GLでは、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)などの低侵襲の治療法が一般的になってきていると指摘し、治療決定プロセスへの患者参加、医師・患者間での意思決定の共有を推奨している。さらに、患者自身が健康状態を管理することや、治療決定のプロセスに患者が関与し、意思決定を医師と共有することも推奨している。(泉知里氏による解説「大動脈弁狭窄症へのTAVI適応拡大は妥当か」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  ACC/AHAが心臓弁膜症GLを改訂