メニューを開く 検索を開く ログイン

認知症予防では貧困灌流に注目

 2021年01月08日 05:15
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

 脳検診は脳血管障害や脳腫瘍の発見に実力を発揮してきたが、認知症の予防、早期発見に役立つ可能性も期待されている。そこで、第39回日本認知症学会(2020年11月26~28日、ウェブ併催)において滋賀県立総合病院研究所副所長の山内浩氏が行った講演、「脳循環障害の早期発見と認知症予防」を紹介する。同氏は、PETで発見される脳循環障害、特に貧困灌流(misery perfusion)の危険性を指摘。脳検診で脳動脈硬化病変を早期に見つけ、貧困灌流や灌流障害を防ぐことが認知症予防につながると語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  認知症予防では貧困灌流に注目