メニューを開く 検索 ログイン

認知症予防では貧困灌流に注目

2021年01月08日 05:15

28名の医師が参考になったと回答 

 脳検診は脳血管障害や脳腫瘍の発見に実力を発揮してきたが、認知症の予防、早期発見に役立つ可能性も期待されている。そこで、第39回日本認知症学会(2020年11月26~28日、ウェブ併催)において滋賀県立総合病院研究所副所長の山内浩氏が行った講演、「脳循環障害の早期発見と認知症予防」を紹介する。同氏は、PETで発見される脳循環障害、特に貧困灌流(misery perfusion)の危険性を指摘。脳検診で脳動脈硬化病変を早期に見つけ、貧困灌流や灌流障害を防ぐことが認知症予防につながると語った。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  認知症予防では貧困灌流に注目

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD534303 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外