メニューを開く 検索を開く ログイン

地域間医療シェアでコロナ重症者対応

全国の医療リソースをシミュレーション

 2021年01月10日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 京都大学大学院ビッグデータ医科学分野教授の奥野恭史氏らの研究グループは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症者が各都道府県の重症者病床数の限界を超えないよう、都道府県が連携して医療リソースを最適に割り当てるシミュレーション手法を開発。研究成果を昨年(2020年)12月25日に公式サイト(下記関連リンク1)で公開した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  地域間医療シェアでコロナ重症者対応