メニューを開く 検索を開く ログイン

小児「いきなりエイズ」発症率は成人と同等

小児HIV感染症の発生動向

 2021年01月12日 09:48
プッシュ通知を受取る

31名の先生が役に立ったと考えています。

 エイズ対策政策研究事業「HIV感染者の妊娠・出産・予後に関する疫学的・コホート的調査研究と情報の普及啓発法の開発ならびに診療体制の整備と均てん化に関する研究」班(主任研究者:喜多恒和氏)は、1999年からHIV感染女性と出生児に関する全国調査を行ってきた。研究班の一員で国立国際医療研究センター小児科の田中瑞恵氏らは、小児HIV感染症の発生動向と診断時の状況の変遷について検討。「小児HIV感染症例は2000年以降減少しているが、近年もほぼ毎年報告されており、小児の診断時エイズ発症率は成人と同程度であった」と第34回日本エイズ学会(2020年11月27日〜12月25日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  小児「いきなりエイズ」発症率は成人と同等