メニューを開く 検索を開く ログイン

HIV感染者のアドヒアランスを多施設研究

高いが一部で低下傾向

 2021年01月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

 抗HIV療法(ART)を新規に開始したHIV感染症患者における経時的なアドヒアランスは明らかでない。国立国際医療研究センター病院薬剤部副薬剤部長の増田純一氏らは、わが国の新規ART開始患者を対象に多施設共同研究を行った結果を第34回日本エイズ学会(2020年11月27日〜12月25日、ウェブ開催)で報告。「ARTのアドヒアランスは高い水準で維持されていたが、治療経過とともに一部の患者で低下傾向にあった」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  HIV感染者のアドヒアランスを多施設研究