メニューを開く 検索を開く ログイン

炎症の重症度を判定する診断薬が保険適用に

エクルーシス試薬IL-6、コロナの重症化予測にも活用

 2021年01月14日 14:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者など、救急搬送または集中治療を必要とする患者の重症度を判定する体外診断薬(IVD)エクルーシス試薬IL-6が、今年(2021年)1月1日付で保険収載されたと臨床検査薬大手のロシュ・ダイアグノスティックスが発表した。炎症性サイトカインの一種であるインターロイキン(IL)-6の血中量を測定する国内初のIVDで、昨年8月18日に承認、9月15日に発売後は保険適用外で使用されていた。専用の装置を用いて測定すると、約18分という短時間で判定結果が得られる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  炎症の重症度を判定する診断薬が保険適用に