メニューを開く 検索を開く ログイン

敗血症患者を救う"治療システム"の構築を

日本版敗血症診療GL2020の新領域「Sepsis Treatment System」

 2021年01月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 札幌医科大学集中治療医学教授の升田好樹氏は第48回日本救急医学会(2020年11月18~20日、ウェブ併催)で、『日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)』(日本集中治療医学会・日本救急医学会作成)に新たに追加された「Sepsis Treatment System」(STS)について解説。死亡率改善に向けた敗血症スクリーニングや患者の管理体制、治療成績を向上するための初期診療の質評価など、敗血症治療を俯瞰的に見た治療システムの構築を促した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  その他診療領域 »  敗血症患者を救う"治療システム"の構築を