メニューを開く 検索 ログイン

アトピーでJAK阻害薬が抗体薬を上回る効果

適応拡大申請中のウパダシチニブで

2021年01月15日 15:30

4名の医師が参考になったと回答 

 新しい治療法の導入が急速に進むアトピー性皮膚炎。2018年には同疾患に対して初の抗体医薬となるデュピルマブが登場し、中等症・重症患者の治療選択肢が広がった。このデュピルマブに対し、経口のヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬ウパダシチニブが優越性を示したという第Ⅲ相試験の結果が、今年(2020年)1月12日に開発元のアッヴィから発表された。痒みの改善に対する優越性に加え、安全面では悪性腫瘍の発生は見られなかったことなどが報告された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  アトピーでJAK阻害薬が抗体薬を上回る効果

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD534894 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外