メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ患者への"罰"に反対

医学会連合が緊急声明を発表

 2021年01月15日 16:30
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 日本医学会連合は1月14日、政府により検討されている感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)などの改正案に関する緊急声明を発表した。声明では、改正案に含まれる「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者・新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者が入院措置に反したり、積極的疫学調査・検査を拒否したりした場合などには刑事罰や罰則を科す」との内容に対し、「国民に恐怖や不安・差別を惹起し、結果的に感染の抑止が困難になりうる」として反対の意を表明している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  新型コロナ患者への"罰"に反対