メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

イブルチニブ、造血幹細胞移植後の慢性GVHDへ適応拡大承認申請

 2021年01月15日 17:02
プッシュ通知を受取る

 ヤンセンファーマは1月13日、分子標的治療薬であるブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬イブルチニブ(商品名イムブルビカ)について、「造血幹細胞移植後の慢性移植片対宿主病(GVHD、ステロイド剤の投与で効果不十分な場合)」を効能または効果として、製造販売承認事項一部変更承認を申請したことを発表した。

 国内ではイブルチニブは、2016年3月に「再発又は難治性の慢性リンパ性白血病 (小リンパ球性リンパ腫を含む)」の適応で製造販売承認を取得し、同年12月に「再発又は難治性のマントル細胞リンパ腫」、2018年7月に未治療を含む「慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)」の適応に対して承認を取得している。また同薬は、厚生労働省が2020年12月25日に、「造血幹細胞移植後の慢性移植片対宿主病」を予定される効能または効果として、希少疾病用医薬品に指定している。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  イブルチニブ、造血幹細胞移植後の慢性GVHDへ適応拡大承認申請