メニューを開く 検索を開く ログイン

強迫症の未治療期間が長くなる原因を解明

京都府立医科大の外来受診者調査

 2021年01月16日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 強迫症(強迫性障害)の未治療期間(DUI)は他の精神疾患に比べ長期化することが多く、長期化するほど脳の形態変化が進行し、薬剤反応性が低下するとの報告がある。京都府立医科大学大学院精神機能病態学の松本佳大氏らは、同大学病院強迫症専門外来を受診した患者のデータを解析し、DUIやDUIが長くなる要因について調査。その結果をEarly Interv Psychiatry2020年12月29日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  強迫症の未治療期間が長くなる原因を解明