メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

患者への説明を意識しためまいの理解を

各種急性・慢性めまいの病態を概説

 2021年01月18日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 めまいは診察時に所見が観察できず、的確な診断名が見つからない、あるいは適切な治療法が確立されていないケースが多い疾患である。そのため、患者満足度の向上を図るには、めまいの原理を論理的かつ平易に説明できるようにしなければならない。東京医科歯科大学耳鼻咽喉科教授の堤剛氏は、診療時に患者に病態を理解してもらうという観点から、各種急性・慢性めまいを第121回日本耳鼻咽喉科学会(2020年10月6~7日、ウェブ併催)で概説した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  耳鼻咽喉 »  患者への説明を意識しためまいの理解を