メニューを開く 検索

患者への説明を意識しためまいの理解を

各種急性・慢性めまいの病態を概説

2021年01月18日 05:00

19名の医師が参考になったと回答 

 めまいは診察時に所見が観察できず、的確な診断名が見つからない、あるいは適切な治療法が確立されていないケースが多い疾患である。そのため、患者満足度の向上を図るには、めまいの原理を論理的かつ平易に説明できるようにしなければならない。東京医科歯科大学耳鼻咽喉科教授の堤剛氏は、診療時に患者に病態を理解してもらうという観点から、各種急性・慢性めまいを第121回日本耳鼻咽喉科学会(2020年10月6~7日、ウェブ併催)で概説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  耳鼻咽喉 »  患者への説明を意識しためまいの理解を