メニューを開く 検索 ログイン

どうする?進行性CKD患者へのRAS阻害薬

2021年01月18日 14:35

7名の医師が参考になったと回答 

 慢性腎臓病(CKD)患者にレニン・アンジオテンシン系(RAS)阻害薬を投与すると、病態が進展し腎代替療法の導入を早めるリスクが高まることから、投与を中止する場合がある。しかし、RAS阻害薬の投与中止により心血管イベントおよび5年以内の全死亡リスクの上昇を招くことが、オランダ・Leiden UniversityのEdouard L. Fu氏らが実施した1万例超対象の観察研究で明らかになった。詳細はJ Am Soc Nephrol2020年12月28日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  どうする?進行性CKD患者へのRAS阻害薬

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで