メニューを開く 検索 ログイン

咽頭がんの陽子線治療で副作用低減

2021年01月18日 05:10

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 放射線治療は、副作用低減の観点から咽頭がん治療の中心となっている。しかし、副作用をゼロにすることはできない。北海道大学放射線治療学の安田耕一氏らは、上・中・下咽頭がん患者を対象に強度変調陽子線治療(Intensity-modulated proton therapy;IMPT)を実施。その結果、X線治療(Intensity-modulated radiation therapy;IMRT)を実施した患者に比べ、嚥下障害などの副作用が低減したと、J Radiat Res2020年12月29日オンライン版)に発表した。咽頭がんに対するIMPTの報告は日本では初となる。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  咽頭がんの陽子線治療で副作用低減